ストーリー

story01

路地裏の小さな珈琲店からはじまった、デコボコ。

「おいしい珈琲を出してくれるお店は多いが、自分の手で栽培したい」と

奄美群島・徳之島の森で無肥料での珈琲豆栽培をスタートさせました。

同じく徳之島で DECOBOCO farm と名付けた畑に

金ゴマ、唐辛子、しょうが、フルーツ等の種を植え

収穫した素材を生かした凸凹オリジナルドレッシング 「おいしい滴」 が誕生します。

story02

おいしい出来たてのドレッシングを楽しんでもらえるよう

小さな珈琲店は DECOBOCO farm kitchen へと生まれ変わり

イベント出店用の赤いビートル デコボコ食堂 が走り出し

2013年、凸凹バルを併設したドレッシング工房 DECOBOCO factory がオープン。

ファーム、キッチン、ファクトリー、食堂をまとめて デコボコカンパニー となりました。

 

でこぼこ道のように変化の多いデコボコですが

こだわりの詰まったお店で、商品で、おいしい時間をお楽しみください。